副業としての不動産投資

副業としての不動産投資

副業としての不動産投資 一般の企業に努めている会社員の方や、都道府県や市町村の職員として働いている公務員の方は、一般的に副業の禁止規定があるために、いわゆるダブルワークはできないという状況が依然として続いています。
しかし、伸び悩む給与所得や増える一方の支出などで生活が厳しいという人も少なくありません。そのために一部の企業では副業を解禁する動きも見られます。
また、不動産投資に関しては自分の資産を運用するという観点で、仕事(業務)ではないという考え方が一般的ですので、サラリーマンの方や公務員の方でも安心して行うことができるメリットがあります。もちろん就業している企業や各事業所などに届け出をするなどの手続きが必要なケースはありますが、不動産投資で得られる賃貸料は大切な副収入となりますので、余裕のある生活を実現することができるでしょう。
不動産投資は比較的安心感の高い資産運用方法と言われています。そして適切に不動産投資についてのプロからのアドバイスを受けられるなどのサポート体制も整っています。これから始めたいと考えている人は、ぜひ新しい一歩を踏み出してみましょう。

不動産投資をするときは社内規定を確認する

不動産投資をするときは社内規定を確認する 不動産投資を行うときは、会社員の場合は社内規定を確認する必要があります。近年は副業を勧めている企業もありますが、禁止しているところもあります。この副業は法律で明確に定義されているものではありません。基本的には本業に影響を与えず、会社の機密を漏洩する恐れがないようなものであれば問題になることがないです。
不動産投資の場合には、管理を委託していれば不労収入に近い形になりますので前述の問題点には当てはまらないです。しかし、当然ながら経費を節約しようとして管理を自分で行えば負担になるので疲れが溜まり、本業に影響が出ないとは言えません。また、委託していた場合であっても業務でミスをしたときに不動産投資をしていることが知られていると、それが原因であると指摘される恐れもあります。そのため、社内規定で副業が認められている場合であってもあまり知られないようにした方が良いです。確定申告の際に手続きの方法を工夫すれば住民税の通知が勤務先に行われないので、知られずに済みます。

新着情報

◎2018/11/6

副業としての不動産投資
の情報を更新しました。

◎2018/9/10

サイト公開しました

「不動産 副業」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@zz_akina_zz あくまでも「推奨」にすぎないので労災問題、業務上知り得た情報の流出、本業に少なからず出る影響等を考えると副業は難しいと思いますね。 副業の定義になりますが株、不動産投資等の副業なら制限している会社は少ないと思います。

公務員の副業で人気|不動産投資|投資の例・メリットをセミナーで紹介 investment555.com/2018/12/10/%e5…

不動産投資」投資の例・メリットをセミナーで紹介|公務員の副業で人気 investment555.com/2018/12/10/%e3…

フォロワーさんからRTされた 一文の中に身の丈にあった生活を しなければ というのがあった。 うーん、私も彼も物欲が無いし ハイブランドも興味が無い… メインの仕事以外に収入があるのは 不動産が道内と道外にあるのと 駐車場くらいなもので、ローンは無いから副業だけでも生活は出来る…

物販・株/不動産投資・個人輸入業を中心に活動しています複写=副業することで、現在の自分の悩みを打破しましょう!!以下のLINE @登録後にコメントしてくださいID:@ ozz3623w  * @忘れずに!または、以下のURL チェック! line.me/R/ti/p/%40ozz3... pic.twitter.com/DVEYTStnRt

TBSは表向き放送局ですが 不動産及び東京エレクトロン大量保有の 資産運用会社が副業で放送局やってるいるようなものなんですよねー 朝日新聞も似たような感じですね。 よって不動産業と似てるはず!

投資の例・メリットをセミナーで紹介。公務員の副業で人気の不動産投資 investment555.com/2018/12/09/%e6…

【サラリーマンのままで副業1000万円/栗林 篤】収入源を3つ確保し伸ばしていく。給料(どちらかというと節約)、優待株、狭小貸家不動産。35までになんとか軌道に載せたい。 → bookmeter.com/reviews/769946… #bookmeter

【公務員の副業で人気】不動産投資|投資の例・メリットをセミナーで紹介 investment555.com/2018/12/09/%e3…

心の安定のために50万必要とすると、本業30万+副業20万(不動産など手堅く手離れの良いリアルビジネス)ということ。ここまでやって初めてコンテンツ販売に乗り出して+αの小遣いを得ていく。これを本業30万+note販売20万で50万を作ろうとするからいけない。